« 俺のイチオシ!! | トップページ | カールおじさんを探せ »

2017年8月 4日 (金)

「まーくん」のガーデニング奮闘記-4

*ガーデニング奮闘記 5月編です!

長い冬の休眠から覚め、春になり葉を広げ光合成によりエネルギーを蓄えたバラがやっと咲き始めるのが5月です。

今年の一番花は「うらら」という名前のバラでした。

Photo

去年宇都宮に住んでいる次男に連れていってもらった足利フラワーパークで一目惚れし昨秋に購入した新入りのバラです。ショッキングピンクの四季咲きのバラで一年中花をつけるのだそうです。

バラは今年伸びた枝の先に花をつけます。従いまして枝の数=花の数になります。 現在のバラは四季咲きというのが多く、花が終わったあとに花のついた枝の真ん中くらいの大きめの葉の上で切ってあげると、葉の付け根からまた新しい枝が伸び、その先にまた花が咲き、これを晩秋まで続けます。品種にもよりますがだいたい30日~40日周期で花をつけるようです。年間では3~4回の開花が楽しめるのが四季咲きのバラの特徴です。

中には一季咲というものもあり、これは春に花が咲いたあとは次の花ではなく、枝を伸ばすのにエネルギーを使う品種で一般的なつるバラがこれに該当します。伸びた枝を冬にラティスやアーチに誘引してあげると翌春には花があふれるような景観を楽しめるのがつるバラです。バラは暑さには強くないため夏の花は春の花に比べて小さめであったり綺麗に咲かかったりすることもあるため、人によっては夏についた蕾を全て摘んで秋に咲くバラのためにエネルギーを蓄えさせることもあるようです。花を咲かせるというのはバラにとってはエネルギーを消費させるらしいです。

Photo_2


これは「ヒストリー」というバラです。

一輪挿しにさして飾っています。

更新が遅れ気味で申し訳ございません。

 ...奮闘記、今後も続きをお楽しみに!


« 俺のイチオシ!! | トップページ | カールおじさんを探せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事