趣味

2017年12月 4日 (月)

「まーくん」のガーデニング奮闘記-7

「まーくん」のガーデンにはバラ以外にいろんなものが植えてあります。
たとえばブルーベリー。今、さかんに実がなってきていて
毎朝つまんでから出勤しています。

ブルーベリーと一緒に育てているブラックベリー、ラズベリー、
ジューンベリーのブレンドで作るジャムは格別です。

Image1_4ブルーベリーにはノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系
およびラビットアイ系と、大きくわけて3つの種類があり
それぞれ特徴があります。

ノーザンハイブッシュ系は根が浅く広がるため
高温や乾燥に弱い半面、冬の低温には強く、
寒冷地向けの品種です。

サザンハイブッシュ系は暖地向きの品種で暑さには強いですが
寒さや乾燥に弱い品種です。

ラビットアイ系も暖地向きの品種で砂質土から粘質土まで、
土壌適応性が広く、生育盛んで収穫量も多いです。

「まーくん」ガーデンでは上の3系統のブルーベリーを
各数種類育てています。ブルーベリー害虫や病気に強く
放置栽培でも結構実がなりますのでトライしてみてはどうでしょう。

2017年10月24日 (火)

まーくん」のガーデニング奮闘記-5

今月は趣向を変えて種蒔きについて書いてみます。

食べ蒔きって知っていますか?

パプリカを買ってきて料理する際に半分に割ると種がいっぱい入っていますね。

これを取り出して乾燥させて3月頃に種蒔きすると夏には立派なパプリカになるんです。

唐辛子も同じように種蒔きすることが出来ます。

1_2

   一昨年はオレンジ色、赤、黄色のパプリカがこんなに採れました!
       昨年と今年はバラいっぱいの為育てる場所がなくて断念です。

みなさんは桃やリンゴ、梨を食べたら種はどうしていますか?たぶん種は
捨てていると思います。この種をよく洗いチャック付きのポリエチレン袋に
百均で買った水で増える培養土を吸水させたものに包み入れて冷蔵庫の
野菜室に入れておくと数か月後に芽が出てきます。

 時々芽が出ているのを確認しないと根がもやしのようになりますので
ちょこちょこ確認してみてください。培養土の中に白い根が見えたら発根です。
芽だしできたら根を折らないように土を入れた鉢に移して育てます。

 バラ科の植物は冬を越さないと芽がでないようで冷蔵庫のなかで冬を
疑似的に体感させるのがこの方法です。梨もリンゴも桃と同じくバラ科の
植物のため同じようにして芽だしすることができます。

 

 植物は自家不和合性といって自分の花粉では受粉できない性質のものも
ありバラ科の植物はこれに該当します。そのため種から育てたものは親とは
全く違う性質のものが出来てしまいます。市場に出ている果物は交配を繰り
返し人為的に作られたものがほとんどです。一般的には劣勢遺伝であり親の
いいところを受け継がないで先祖帰りをするそうです。

 

まれに親を超える品種になると新品種として登録されることになります。

 

ですから種から育てたものは全て新種になります。でもたぶん美味しくはない
のではと思いますが。


でもガーデニングのだいご味は育てるプロセスです。自分が種から育てた
植物には愛着がありますよ。みなさんもトライしてみてはどうでしょう(^^)